2005年09月03日

本棚バトン

「もの食う人びと」読んだって言ってたね、さっくん。(@ST)
あたしはあれ、チェルノブイリの話が好き。
辺見さんってジャーナリストとしてはほんっと神様。
まぁ「え、そこそんな強調しちゃうの?」ってとこもあるけど
ひっくり返ってもあたしにはできないって思うもんな。
大好きです。
お話書く才能はないみたいだけど(笑)←小説書いてたんだよ!

まぁそんなわけで思い出しました。本棚バトン。
1ヵ月?もっと?前にバトンもらってたんだよね。
大事にあっためててすんません。
・・・よし、あやまった!(出た)


やっつけにもほどがあったジャニバトン。
頑張りようのなかったミュージカルバトン。

今回のアタシはひとくせもふたくせも違います。(味じゃなくて?)
すげえ嬉しいんだもんだって。
ステキなバトンをありがとーv>翆たん(@Tiny Dolly!!)

というワケで、本棚バトンいかして頂きますv



☆部屋にある本棚の数

本来は本棚、って意味では2つなんだけど
どっちもあらっこ棚と化しているためカウント外かと。
1つは嵐さんメディア用、もいっこは嵐さん書籍用、みたいな。
普通に本を置いてるのは
別の棚の何段分かとクローゼットの中。あと床。(待て)
定期的に実家に持ってってもらってます(笑)



☆今読んでいる本


「スローグッドバイ」 石田 衣良

恋愛の始まりと終わりをモチーフにした短編集。
この人の恋愛小説って初めて読んだけど
もともと人物描写がうまい人だからか、意外といい。

私は泣かせるより笑わせるほうが難しいと思ってて
だから泣けるお話ってのはそんなに好きじゃないんだけど
ハッピーエンドで、でもちょっとホロっとくるってのは
いいなぁって思って読んでる感じ。



☆最後に買った本


「死神の精度」 井坂 幸太郎

まだ読んでないから何ともいえないけど
新作が出たら買おうと思える作家さんがいるのは
幸せなことだと思う。
(もう新作ってほどじゃないけどな・・・)



☆よく読む、また思い入れのある5冊

こーれ難しいな!
5冊って少なくね?ねえ少なすぎじゃね?
なやむわ、ああ悩む。ぬー。



「秘密」 東野 圭吾

圭吾ヲタとしてはやっぱり一冊は入れておきたいなぁ。
で、やっぱりこれ。
前にも紹介してるので詳細は省きますが、
愛って何?
愛してるってどういうこと?
あたしの中で人生のテーマになってるこの問い(羞恥)に
ひとすじ光が見える気がする。

ひとつの愛の形が示されてると思うんだな。




「第731部隊」 森村 誠一

もう絶版になってるかもしれないけど
学校では教えてくれない、この日本の過去。
こういうのって比較していいものじゃないけど
アウシュビッツより酷いんじゃないかな。
忌まわしい、で片付けちゃいけないと思う。

当時中学生だった私はこれを読んで
その内容に衝撃を受けたことはもちろん、
やっぱり情報は操作されてるんだと思いました。
だってこんな話、学校はともかく、テレビでも新聞でも見なかったよ。

国家として対外的に。
文部省として情操教育上。
理由はともあれ
一度外側に出さないと決められた(かどうかの境目はどうでもいいとして)
情報ってものは、最下層に位置してる
あたしたち一般人にとって
自分から手を伸ばさなきゃ得られないものなんだと思う。

各メディア、紙面媒体なんかで垂れ流されている情報は
基本的に流し手が許可したものだということ。
そのつもりで接していかなきゃだ、という姿勢が
確立されたきっかけになった本。




「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」
村上 春樹



ちょっとズルイかな(笑)
鼠三部作とか、羊三部作なんて言われることもある
春樹の初期三部作です。
このへんの作品に流れてる空気がすごく好き。
ていうか直近の3作品以外は全部好きです、この人の小説。

日常から完全に乖離した話のはずなのに
違和感なく溶け込んでいけて、そこにずっといたいと思う。
残りページが少なくなっていくのがさみしい。

主人公が流されまくるのがセオリーっていうのも面白い。
でもって調理の描写が最高だよね。
間違いなく食べたくなるもん。




「旧約聖書 創世記」 誰訳か忘れた

はじめに断っておきます。
私はクリスチャンじゃありません。
ミッション系の学校に行ってたわけでもありません。
一般的な日本人だと思う。
いわば消極的な無宗教ってやつ。

これは読み物として面白いと思う。
でもって、神様を持っている(っていう言い方しかできなくてすまん)
ことが前提で書かれてる
海外文学を読むときに、知ってると知らないじゃ全然違う。
神様を持ってる人たちの考えを
実感することはできないけど、推し量れるからさ。

大きめのホテルには、コンパクト聖書みたいなのが
ベッド周りに必ず置いてあるので
旅先(遠征先?笑)でヒマをもてあました時におすすめ。
エデンの東の話とか読んでみたら面白いんじゃないかな。




「泣いた赤鬼」 浜田 広介

なんだかんだ絵本は外せない。
というわけでコレ。
『日本のアンデルセン』『ひろすけ童話』って響きが有名かな?

情操教育が目的の児童書、でくくってしまうのは失礼。
大人が読んでも、いま読んでもいい。

自分もあたたかい血がかよう人間なのだと
思い出させてくれる作品。




一応自分の中でカテゴライズして選出してみました。
ミステリ、ノンフィクション、文学(?)、ノンジャンル、児童書。
やっぱ5冊って少ないよね。

本はともだちです!(キャプ翼ばりに)←わかんねーか

あ、マンガも入れりゃあ良かった。
・・・浦沢直樹が好きです。(こっそり)



☆次の本棚指名

例によって、なんのためらいもなくゴール☆


あー楽しかった!
posted by あこ at 21:34| 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

なんだかなぁ

 
えらく断続的にネットにつないでます。
PC落としてはゴソゴソ部屋を動き回り、そしてまた電源投入。
他にやることないんかい。
 
だって読みかけの本が見つからないんだもん!(泣)
 
というワケで久々に本読みメモ。
つーかもう何読んだんだかほっとんど忘れたよ・・・
 
 続きを読む
posted by あこ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

外してるなー

何読んだのか覚えてられないってどうなんだろ。
読んでる意味なくないかい?>自分

忙しいならやめりゃあいいんだけど
活字がないと息苦しさを感じちゃう重症患者なんでもう諦めてます。
書籍代だってバカになんねーんだって話。(何もグチらんでも)
できるだけ文庫にするよーにしてるんだけどねえ。(そして浮いた金を嵐資金へ)
1月分かな。続きを読む
posted by あこ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

ってか年賀状書けよ>自分

本の紹介を更新すんのすらメンドウだってんで
いきなりエントリーにします。(ていうかマジでメモ)
ここまでくると心底自分用だよな。
まいっかー。あはは。
12月前半分くらいかな。続きを読む
posted by あこ at 01:38| Comment(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

やっとこっちに移動

本の紹介をやっとこ移動。
イメージ残すのメンドウだってんでコメントだけ移しました。
ぐだぐだですいません。
もうね、紹介の方もイメージなくそうかと思ってるくらいだから。
(むしろもうないかもしれない)
ほんとにダメだね。
すんません。あはは。

今回もネタバレありで追記しました。
ドヒマな方は見てやってくらさいまし??v続きを読む
posted by あこ at 00:19| Comment(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

東野祭り終了。

またも書籍のオススメを更新したので
前回分をこっちに退避。

・・・つーかアタシ、これが1番力入ってね?(笑)

まぁコレに関しては
本人が楽しけりゃいーじゃんってことで。

前回同様、ネタバレ込みの感想を追記しましたんで
ドヒマな方は見てやっておくんなまし??。続きを読む
posted by あこ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

最初の紹介分をFA

右の方でちまちま書いてたのをとっかえたので
前の分をこっちに移動。

すこしおしゃべりも増やして
ネタバレもしちゃって
自分メモ的にしちまおーかと。

ブログ始めていちばん楽しいやも。
あはは。
嵐しゃべりじゃないんだ・・・(びっくり)続きを読む
posted by あこ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

読むもん。

ちょっとニギヤカになったかなー?
なんだかんだ本のムシなんで、
お気に入りたちを入れてみようかと。

ていうかすみません、リンクじゃなくて。(誰もみねーよ)
あそっかv

つーワケで、グダグダに行きます。(ここもか)

本の感想くらいは前に書いてたのから
もってきたいなーと思ってるんだけども。
(だって嵐のはちょっと見せれないし)
(選んで載せるとしたらだってそういうのって)
(やっぱりつかもちろん記念日系でしょ?)
(アワワワそんなの恥ずかしすぎる)
(特に卒業。)
(あれは酷かったよね・・・)

ハッ
せっかく本のカテゴリ作ったのに
ウッカリ嵐の話になってる・・・

つーか整理とかニガテなんだよ!
(じゃーやんなよ)

ヘーンだ。
posted by あこ at 01:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 本読みメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。