2005年04月10日

ワケあって新大久保。

ただいまです。
生かずなりん鑑賞@グローブ座より帰還しましたん。
いやーやっぱほっせぇな!(まずソコなんかい)
 
あたしは夜公演を観たんですけど、
シブヤトリオが観劇に来てました。キョン2、勝村さん、勝地くん。
つかココで書かなくてもきっとニッキで言うよね(笑)
さあ、勝地くんはホントに来てくれちゃいましたが、かずなりんはどーすんでしょ?
まだ蜷川さんにゴメンナサイできてなかったら
ちょっとばかし言いにくくなっちゃったね(笑)
 
今日はしばらくぶりにお会いするお友だちと一緒だったんで
ちょっと早めに集合してみました。
昼間の新宿ってすげえ久しぶり!
いや、昨日の夜飲んでたけどさ、昼間って全然違うね!
歌舞伎町があんなサワヤカだなんて軽く衝撃的でした。(笑)
そしてハーゲンダッツのダブルを食べきった自分も衝撃的。(5年ぶりくらいかも)
食べてる最中からニキビ吹き出そうだったね。(笑)
 
観終わってからもお茶飲んでおしゃべりしてきましたv
楽しかったーvありがとうございましたv
 
追記はネタバレ毒吐き共に注意な感じで。
  
 
えーと実は、今日行ってきますって予告したのを後悔するくらい
何をどう書いたらいいんだかわかりません。
けどやっぱ、今日の公演を観た人って限られてるし、
独り占めは申し訳ないので頑張ってみようと思ってますです。
毒も吐きますんで、それでもいいって方だけお進みください・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
結論から言うと、櫻井さん@ゲームニッキの感想に同意。
ニノが良かったの。そうなのニノは良かったの、間違いなくステキだった。
他の役者さんもすげえ良かった。上手かった。
 
えーと、うん、良かったとこから行こう。ね。
まぁあの、背中だのおしりだの二の腕(ほっそい!)だのを
ガン見してたヤツが言うことじゃないんだけどさ・・・(えへ)
 
やっぱり二宮さんは役者だなぁと。
演じてる彼はいつものカワエエかずなりんじゃないんだよね。
スポっと役に入ってて、悩める青年って役柄に違和感なくハマってました。
(いや、そういう役多いけどさ、けどナオたんとカブるとかもなかったのよ)
理性とか道徳とか論理とか、そういうのは分かっててもちろんバカじゃなくて、
だけど感情だの衝動だのがついていかない、っていう
こうやって書いてみるとすげえ難しいじゃんそれってのを
なんのてらいもなくやっちゃう。
そういう意味ではすっかり信頼しきってるんで、
胃が痛くなるようなドキドキは皆無で、
安心して観れる演技をしてくれる人ですね。
マジ凄い。素ですごい。
この才能を生かしてくれるところにいてくれて良かった、って思う。
 
そしてここから毒。
あのね、やっぱツゝミさんは映像の人なんだよ。
カット割りと同じ感覚で舞台作っちゃったって感じでした。
もーピカンチ見てんじゃないかってくらいシーン替えが多いんですね。
しかもその度に盆回してみたり映像はさんでみたり。暗転でいーじゃん。
あと許しがたかったのが得意の小ネタ。
いや面白いよ、たしかに面白い。笑ったし楽しかったんだけどさ。
頼むからテレビでやってくれ!
舞台代金出してアレは勘弁してくれ。ハァ。
シリアスなシーンでそういうの持ってきてたりするんで
マジメにやれよ!って感じでした。
 
ただし、ニノも他の役者さんも上手かったしすごくちゃんと演ってたので
演出だの脚本だのにヤラレてグダグダに、というのはなかったのが
せめてもの救いだったかなぁと。
カズくんの評価が下がるってことはなくって、むしろ
「せっかく二宮を使ったのに」って
ツゝミさんバッシングになるんじゃないかな。
もっと普通でいいのに、ってところが実に多かったです。
原作を意識しすぎてあーなっちゃったのかしらん。
無念です。もったいない。
 
ともあれ、カズくんはエライ楽しそうに演ってました。
殺陣が多いのもあって、けっこう激しく動き回るんだけど、すげー軽やか。
楽しんでるんだろうなって思えたんで良かったです。
共演者の方たちともすごい仲良いみたいだし。
というのも、カーテンコールで最後に出てくるとき、
(確か3回かな?2回はけて3回目の登場)
つか2回目からダッシュで登場してたんだけど、
最後に出てくるとこで、セットの裏からダッシュしてたのが
登場直前くらいでコケてたんですよ。
ものっそいイキオイで滑ってたの。スライディングしてもあーはなんない。
一瞬静止画に見えるくらいの浮遊っぷり。(笑)
なんだけど、その後に出てきた豊永くん(@プレイトー)と
野添さん(@レイ=ピカエロ教師)もすっころんでくれてまして。
あったかくていいカンパニーじゃねえかチクショウ!と。
その後客席に向かって、腕をさすってイテエよってやってたのが
いつものカズくんで、エライこっちゃのカワイ子ちゃんでしたv(笑)
 
役に合わせてか、全編通して声低めでしたね。
男前二宮がお好きな方にはオススメかと。
 
そしてイタい櫻井担的には(笑)ところどころポイントがありまして。
乱闘シーンで「チキン野郎!」ってどつかれるジムたんを観て
ベル様とトニたんを思い出してトリップ。(待て)
WSSと似てなくもないBGMのイントロを聴いてトリップ。(待てったら)
果ては、ラストで絶叫するジムの姿勢が
例の「マリアー!」とほぼ同じだからって・・・(ごめんなさい)
やっぱりあたしはWSSを観すぎたみたいです。
 
長くなってきたので、じゃーそろそろまとめに入りますか?(訊くな)
えっとね、一言で表すとしたら
「生二宮鑑賞会」
コレに尽きますね。
客席登場とかあるんで、エライ近く通ったりもします。
もーそれだけで満足しようじゃないかと。
そんな感じです。幸せv
 
posted by あこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。