2006年04月05日

渋谷駅から徒歩10分

というわけで、今日も行ってきましたTBG@青山劇場。


あのさあ、間違いなくネタバレじゃないからココで言うけどさあ

カテコで叫んでたのは何?

心の底からドン引きました。そしてキれました。

叫んでんだよ。しょーくーんしょーくーんて。

ねえ、ココどこか知ってる?

櫻井に「シーッ」ってやられても静まらないキミタチは何なの?

あたしらが「黙れよ」って言っても聞こえないんだよね、叫んでるから。

壇上の櫻井はむちゃくちゃカワイイのにお前らのせいでブチ壊しだよ。

恥を知れ。







以下はネタバレ感想ですが
ほとんど毒しか吐いてませんので、気分を害される恐れがあります。
これはあくまであたしの感想なので、
不快になりそうな予感がする方は読まないことをおすすめします。




何から言えばいいのかわかりませんが

とりあえず今日、最悪。ぐだぐだにもほどがある。


1幕のマイクの音量がおかしかったの。
ありえないレベルで大きかった。2幕では普通に戻ってたんだけど。
だから普通の音量で発声してるのが相当デカく響いちゃうって状態だったんすね。

甘い雰囲気になるはずなのに怒ってるみたいだったり
普通のテンションでしゃべってるところがケンカ売ってるみたいに聞こえたり。

そんな状態なもんだからタイミングがズレまくってました。
演者の方も戸惑っちゃったんだろうな。
掛け合いだったり会話だったり、流れで歌に行くタイミングだったり
そういうとこがもう全部ズレてました。
目に見えてギクシャクしてるの。

で、まあそんでも皆頑張ってはいたんだと思うんだよ。
けど紅ちゃんが崩れちゃって、そっから総崩れ。
あの子全編叫び通しだったよ。
どのセリフもわめいてるだけになっちゃってんの。なまりもいつも以上にヒドいし。
どうしていいかわかんなくなっちゃったのかもしれんけども。
周りもつられてセリフは走るは聞き取れないわ
噛む寸前みたいな状態なのに言い直さないわでもう大変。
この公演しか観れない人って何言ってるかわかんなかったんじゃないか?
ありえないよアレは。リハでも厳しい。

今回のキャストってたぶんさ、ある意味ギリギリなんだね。
若手は皆それぞれが自分の精一杯を演るってとこが限界で
やりきった上で周りを見るって意味でのベテランがいないんだなと。
一度崩れちゃったら立て直せないっていうか・・・。
メアリーがいないシーンは良かったんだけどね。
もうね、ほんと残念です。

・・・なんかオマエ何様だよみたいな感じになってますけども。
いや言うよ。今日は言う。
言っていいだけのお金払ってるもん。
あれで12000円はないよ、ない。

この際だから言うけどさ、メアリーがガンだよね。
今まで言うまいと思ってたのがバカらしいよ、あそこまでやられると。

そもそもホンはいいんだよ、すごくいいと思う。あたしは大好き。
宗教紛争が根本にある状態で、
みんなそれぞれ立ち位置が決まってるでしょ。
カトリックとプロテスタントってのがまずあって、
その次の段階として、カトリックの中でもトーマスは赤、メアリーは青みたいに
ぜんぶキレイにキャラクターが色分けされてるんだよ。
物理的な力でもって対抗するのが赤、血を流さない主義としての青、て。
周りの大人たちは宗派の違いの時点で凝り固まってるから黒じみてて
そっから色んな流れに翻弄されたりして、トーマスなんかは黒ずんてくわけじゃないすか。
メアリーはただ青くいればいいと思ってるしさ。
こんだけ周囲の人が丁寧に描かれてるのって、ジョンを引き立たせるためなんだと思う。
正しい形の象徴としての存在がジョンなんだろうなと。
で、ジョンは白だから、周りの色を説明してって初めて見えるっていうか。
白いものを白いってわかるためには周りがそうでないってのがわかんなきゃいけないじゃん。
うー、なんだろ、じゃあ透明でもいい。
透明なものが透明なんだってわかるのって
そうじゃない不透明なものが透けて見えるからであって
それそのものが透明だってことは説明できないじゃん。
最終的にジョンが透明な状態を取り戻して、それが答えなんだよって言いたいわけだから
そういう意味ですごくキレイに描いてるなと思うわけです。
なんかわかりにくいけども。

ちなみに細かくはホン・・・ていうか演出に文句いっぱいあるんだけど。
訃報聞いて即言い残した言葉確認するって日本人ドン引きだよねとかさ。
日本でやるからってストーリー弄るなら、同時にどうにかして欲しかった部分だな。
あそこはメアリーのセリフいらないだろう的な。
さっくんがすごい上手なだけに悔しかったりするわけです。
て、まあそういう話はいいんだとりあえず。

で、話戻るけど、ホンの良さを全部ブチ壊してるのが紅ちゃんなんじゃないかと。
日本語がおかしい時点で日本人としては感情移入できないもん。
メアリーもわかる、トーマスもわかる、じゃないと成り立たないのにさ。
頼むから日本人の演技監督つけてくれ。
いるならアレはないよな?
まったくもって感情移入できないんだよ。助けてくれ。
このままだったら次に誰かがあの子と演るっつったら100%観に行かないよあたし。

と、思いっきり吐き出してしまいましたすみません。

今日は楽曲とヲタ的にだけ楽しかった公演でした。
曲はやっぱイイしさっくんのハレンチっぷりも健在だったしな。
それメインで叫べないのがさみしいほんと。
すーごい可愛かったんだけどな。しょんぼり。

とにかく明日以降の公演で引きずるなんてことがありませんように。
それだけほんとお願いしたい。
posted by あこ at 00:58| Comment(0) | 舞台/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。